はやり物に乗っかって

2016.03.30 Wednesday
我が家は只今「真田丸」ブーム。それにのっかって
しなの鉄道の観光列車に乗車してきました。軽井沢→長野の「ろくもん1号」食事付プラン。

「ななつ星in九州」を手がけた水戸岡鋭治さんデザインのろくもん
普通車両を改造した三両編成。外装は重厚感漂う真田の赤備えカラー。そこここにゴールドに輝く真田の家紋「六文銭」「結び雁金」「洲浜」
内装は車両ごとに異なり、県産材が使われた和モダンテイスト。
1号車 ファミリーカー 食事なしの指定席
2号車 レストランカー カウンター席とソファー席
3号車 レストランカー コンパーメントタイプの向かい合わせ2人席
館長が乗車したのは3号車。障子で仕切られた個室。それぞれに異なるファブリック。木製のブラインド。豪華で落ち着いた雰囲気。

結び雁金ってよく見ると可愛らしい顔してるのね

さて、お楽しみのお食事モグモグ。1号は、洋食。地産地消のお料理です。

まずは、ドリンクを、ビール、日本酒、シードル、ワイン、ソフトドリンクの中から一種類選びます。
ビールは2本セットでした。館長は下戸ですが、この日は大切な記念日。せっかくなのでアルコールを頂きましょう。ラッキー
オラホビールのアンバーエール赤備えラベルはお持ち帰りしました。

アミューズ きのこのポタージュ
パン 県内産小麦使用。沢屋のジャム付
オードブル 地鶏「真田丸」のクリームソースとトマト煮の盛り合わせ
      信州サーモンのくん製サラダ仕立て
      蓼科産ソーセージとハムの盛り合わせ      
ごはん 五郎兵衞米とむらさき米 

と、ここまでが軽井沢の沢屋「こどう」のお料理


続いて、
メイン シナノユキマスのチーズ焼き
    信州牛のビーフシチュー
    冬野菜のポトル
デザート フォンテンヌブロー(ガーゼに包まれたレアチーズケーキ )

は東御の「アトリエ・ド・フォロマージュ」
メインは二人分を合わせると、六文銭になるように盛り付けられていました。

そしてミカドコーヒー。
結び雁金がプリントされたオリジナルカップ

しなの鉄道唯一のトンネル、葛尾トンネルでは、あえて徐行運転し夜の雰囲気を味わえる演出があったり
途中の停車駅では、地元の方のおもてなしがあったりワクワクがたくさん!
ちなみに、長野発の2号は、小布施町の「鈴花」が提供する和食だそうです。ぜひこちらも味わってみたいものです。
            

秋の行事あれこれ

2015.11.23 Monday
11月後半とは言え、穏やかな気候が続いていて助かります!
すっかりブログのアップを怠っていましたが、秋の行事あれやこれを一気にご紹介

山奥にある秘湯で体を癒し。温泉

単純硫黄温泉が体にしみる〜
貸し切り状態です。ラッキー!


鎌倉&横須賀観光で、心もリフレッシュ。

我が家恒例の秋の旅行
天気にも恵まれ、楽しい旅行でした。
生しらす丼、旨かったなぁモグモグ

国内最大級の大幟を観に行ったり。

明治13年に完成。旗の長さ22.5メートル、幅4.0メートル。
見上げていると、自分が後ろに倒れてしまうような錯覚がするほどでかい!
今回で建立15回目。前回から22年も経っている。
幼き頃、父に早朝から叩き起こされ、眠い目をこすりながら見に行ったのが昭和53年のこと。
え〜〜っもう37年も前のことか
もしかしたら冥土の土産…。たらーっ


ヱヴァンゲリヲンと日本刀展に行ったり。

あれ?シンジ君をイメージした刀がないのは、なぜ?
←これ、全長332センチのロンギヌスの槍。すごい迫力

シン・エヴァンゲリオン劇場版は、いつになったら公開されるのか?
まぁ、ここまできたら気長に待つとしますか



ワイントレインに乗ったりワイングラス
ボージョレ・ヌーボー解禁直後、あえて地元産。

酒に弱い体質故、滅多に飲まない。が、いろいろ味わってみたいって気持ちはあるんです。だからこの企画は、願ったり叶ったり。一口ずつ全種類頂いてきました。
ワイナリーの方に話を聞いたり、ワインにピッタリの料理にも大満足!
ワイナリーで作っているブドウジュースグッドワイン並みのお値段がするそうですが、絶品。何度もおかわりしちゃいました。
気が置けない仲間との楽しいひと時。来年もこの企画があれば是非!

懸案だった大学の提出課題も、ボランティア活動での研修報告も終わったし
スッキリ気分で、早めの年末大掃除に取りかかるとしますか。
            

善光寺前立本尊御開帳

2015.05.20 Wednesday
数えで7年に一度、御本尊の身代わり「前立本尊」が御開帳されます。
本堂前に建てられた回向柱と前立本尊の手は綱で結ばれ、柱に触れるのは前立本尊に触るのと同じ御利益あるのだとか。
御本尊は絶対秘仏。だれも見たことがないし今後だれもみることがない。本当に存在するのかすら誰にもわからない…謎

混雑を避け、夕方の参拝です。
既に内陣はしまっていましたが外陣までは入ることができました。
回向柱は触りたい放題!


夕座法要のお勤めから帰る導師様が、参道にひざまずいた信徒の頭を数珠で撫でて功徳を授けてくださる「お数珠頂戴」の列に並び、大本願の副住職様からお数珠を頂戴しました。身が引き締まる思いです。ありがたや、ありがたや。

御開帳期間以外も、「お朝事」の際に毎日行われていますので、機会があったら是非参列してみてください。
            

まるで修行

2015.03.01 Sunday
激混みのディズニーランドに行ってきました。
この日はランドもシーもW規制
4月からチケットが値上げされるからか、「アナ雪」人気の影響か、キャンパスデーパスポートの期間中だからか?
ここのところ頻繁に規制がかかっているみたい。

園内に入るだけでも、手荷物検査、チケットブース、入場ゲートと3つの長い行列をクリアし
やっと入れても、どこもこんな状態

あちらこちらに、「これは何待ちですか?」って行列がいくつもできていて
アトラクションやレストランはもちろん、トイレや喫煙所にまで長い列が。

ワンス・アポン・ア・タイム〜スペシャルエディション〜のスタート時間が近づくと
ワールドバザールからシンデレラ城までびっしりと人で埋め尽くされてます。

仲間と一旦はぐれたら、園内での再会は難しいんじゃないか?
いくらスマホや携帯電話で簡単に連絡が取れる時代でも、前にも後ろにも進めないんだから…。

険悪なムードになっちゃうカップル、言い争いを始める親子…
夢の国の残酷な現実
こんな日には、こんな日なりの楽しみ方もあります。
人間性が試される一日を過ごしてまいりました。
            

一生に一度は

2014.10.14 Tuesday
連休中、初お伊勢参りに行ってきました。

天照大御神を祀る内宮と、豊受大御神を祀る外宮の二つの正宮は、昨年に遷宮を終えたばかり。
外宮→内宮の順に参拝する習わしだとか。

外宮参拝前に腹ごしらえ
伊勢うどん
ふわっともっちりした麺に濃厚なタレを絡めて頂きます。
腰がないってうどんてのも案外美味しい
食べたいものがたくさんあるので、消化が良いものはウエルカム!

2012年にオープンした「せんぐう館」に立寄った後、正宮にお参りさせていただきました。
境内にある、多加宮、土宮、風宮の3つの別宮は、時間と体力の都合によりスルー


今回は、近鉄の「伊勢神宮参拝きっぷ」を利用しています。
赤福引換券が付いていたので、赤福 外宮前特設店にて小休止。
あ〜相変わらず美味しい

外宮から内宮へはバスで移動。臨時で直行便が増発され、拍子抜けするほどスピーディーに移動できました。

宇治橋の大鳥居は、外宮と内宮の正宮の棟持柱だった御用材を再利用し、遷宮の翌年に新調されます。
先日くぐり初めが行われたばかりの真新しい鳥居をくぐり境内へ
内宮はとても広く、正宮まで結構な距離があります。

正面にあたる外玉垣南御門前は大混雑。
御正殿の屋根が見える位置までずれてお参りさせていただきました。
この際、位置はどうでもいいかと…

正宮に続いて、別宮でも順次遷宮が行われます。
風日祈宮は12月に遷宮が行われるため、本殿のとなりに新しい本殿が建設中でした。


こちらは天照大御神の荒魂を祀った「荒祭宮」。
なぜだか、更地になった古殿地の心御柱覆屋に心を奪われてしまいます。

たくさん歩いて小腹が空いたところで、おはらい町で食べ歩き
美味しそうなものがたくさんあって目移りしちゃう。
赤福本店で冬期限定赤福ぜんざいを食べたかったのですが、本店ではまだ提供されていないとのこと。
それ以外で食べたかった、松阪牛の牛串、若松屋のひりょうずが制覇できて満足です。

思いのほかスムーズに事が運び時間が余ってしまったので、徒歩でぶらぶらしながら
猿田彦神社に立寄り、1日目の最終目的地 月讀宮へ
参拝者も少なく、しっとりとしていて良い雰囲気

こちらには内宮の別宮が4つ鎮座しています。

天照大御神の弟神”月讀尊”を祀った 月讀宮
月讀尊の荒魂を祀った 月讀荒御魂宮
天照大御神のお父さんを祀った 伊佐奈岐宮
伊弉諾尊の奥さんを祀った 伊佐奈弥宮

遷宮直後のため、搬出作業真っ最中で〜す。
月讀尊は女性だと思ってた。
「古事記」には、これと言って逸話もなく性別に言及しているところはないんです。
夜を治める月の神様。個人的に、月や夜って女性的な感じがするんだよなぁ

最寄りの五十鈴川駅に向かう途中にマンホールの蓋を発見
伊勢参りですね〜。
昔の人は健脚。現代人は一日歩き回っただけで足がパンパン。
わりと鍛えている方だと思たが…


二日目は鳥羽水族館
台風が近づいているので、予定を変更して水族館のみ。
それでも、ショーもたくさんやっているし、飼育種類数日本一だけあって見応えがあります。
3時間の予定でしたが足りなかったです。体力的には限界!ちょうど良い頃合いかと

近くにある赤福鳥羽支店にて
やっとありつけた赤福ぜんざい
今シーズンの販売を始めたばかり
お昼前なのでお抹茶付きの小にしておきます。
こんがりと焼きめの付いたお餅
あ〜落ち着く味

旅のしめは、鳥羽駅前の通称「さざえストリート」にて
牡蠣、大アサリ、さざえ、日の出貝
注文するとその場で焼いてもらえます。

どれもこれも旨い!


台風の影響で今回の旅行は取りやめか?と思っていたけど
影響もさほどうけず、無事帰ってくることができて良かった〜
            

♪ビール列車はラララララ行くよ♪

2013.08.31 Saturday
なんとなく涼しくなって来たけど、まだまだビールの美味い季節。
夏の終に向けてラストスパート!ビアトレインに乗って来ました。
お弁当付きでビール飲み放題。乗車時間は2時間程です。

良く知った土地だけど、夜で景色が見えないし、このタイプの車両に乗るのは初めてだから
遠くへ旅に出るような気分でワクワクします。

飾ってあった巨大なビールジョッキのディスプレイを勝手に引っ張り出し
パチリ
お酒の入ったミドルエイジ女子に怖い物なんてないのよ!

イエーイいい感じでできあがっているぞ〜

乗る前は、「片手につり革、片手にビールってスタイルじゃないよね」とか
「通路にシートを広げてお座敷列車風にするのかと思った」とか
それぞれが妙な想像をしていたらしい。
それはそれで面白いけど、実際はとっても快適なゆったりシートでしたよ〜。
また、来年も乗ろうね!
            

夏のおもひで

2013.08.12 Monday
職場の先輩に誘われて、野外ライブ行ってきました。
メインはPERSONZ。
来年、結成30周年だそうです。
jillさんの歌声は衰えることなく、パーワーアップ!
継続するのは容易なことではなかっただろうし
50歳を越えてもなお夢を語れること
そこのところも含めて、魅力的でかっこいいな〜。

館長がPERSONZを聴いていたのは、バブル景気のまっただ中の頃
若かったせいもあり、不安なんてなにもなかった。
当時のことを色々思い出すと、心がくすぐったいよ〜。

今の職場は、それぞれ勤務時間も休みもバラバラ
休みに職場の人と何処かへ出かけるなんて一度もなかった。
西日に照らされ、半分だけ日に焼けた顔に二人で大笑い。
すごく暑くて辛い季節だけど、楽しい思い出がまた一つ増えました。
            

大人の修学旅行 その二 @紅葉の京都

2012.11.27 Tuesday
2日目のスタートは、朝食前のお散歩で「東本願寺」へ

今回は天候に恵まれ、昼間は上着が邪魔に思えましたが、さすがに朝は寒い!


現在、「東本願寺」は修復工事中。
本堂では、朝のお勤めが行なわれている様子です。

イチョウが朝日に照らされ、キラキラ。清々しい気分だ〜
葉っぱが小さめの種類らしく、落ち葉がプリティーっす

コーヒー屋さんで軽めの朝食をとり、紅葉の名所「東福寺」へ
臥雲橋は、こんなに人が乗ったらが落ちちゃうんじゃないかと思う程で、警備員さんも「停まらないでください!」と声を張り上げ殺伐とした雰囲気。
ふふっ さすが名所だ。これは、これで楽しい

この橋は生活道路として一般の方が使っている木造の橋。観光シーズンはさておき、こんな素敵な橋を日々渡れるのってうらやましいなぁ。


臥雲橋から「通天橋」を眺めると
溜息が漏れる程の美しさ。

あちらも人でパンパン。「通天橋」待ちの列を避け、六波羅門から境内に入り散策。
混雑もなく、ゆっくり三門を見たり、本堂にお参りしたり、室町時代につくられ重要文化財にもなっている、日本で最古最大の東司(禅宗寺院のトイレ)を窓越しに覗き込んだり。
今回初めて、寺らしい寺と仏像を拝んだ気がする…

次に向ったのは「伏見稲荷大社」
途中の商店街でスーパーに立寄ったところ、今が旬の千枚漬がお安く売っていました。駅で売っているようなお土産品もいいけど、こういう所で地元の人が食べているものをお土産にするってのもいいなぁ

参道で名物のいなり寿司をほおばり、社殿、そして千本鳥居へ…

紅葉の名所ではないけど、七五三日和でそこそこの人出。ただ、境内が広いから千本鳥居の散策なんかは結構ゆっくりできました。

奥社にあるパワースポットの「おもかる石」
願い事をしてこの石を持ち上げ、思ったより軽ければ叶い、重ければ叶わないそうな。
Yさんは、ちゃんと名前と住所も言ってから「また、皆で旅行が出来ますように」ってお願いしたんだって。
ありがとね

重くたって大丈夫。きっとまた皆で楽しい思い出が作れるさ!

再会を約束しつつ、たくさんのお土産と思い出を抱え、それぞれ帰路につきました。


当時の写真を眺めながらふと思う。
思春期だったからなのか、ただ不器用なだけか、館長にとって中学時代って暗黒の時代なんだよ。そこをどうにか過せたのも、友達がいてくれたからなんだと。


卒業式の時か?誰のお母さんだったか?記憶が曖昧だけど「中学時代の友達は一生ものだから」って言ってたっけ
時が経ち、変わった部分もあるし、変わらない部分もある。今後、どんなふうになっていくのかはわからないけど、お互いに、素敵な年を重ねていきましょう。
友達でいてくれて、ありがとう。そして、これからもよろしくね!
            

大人の修学旅行 その一 @紅葉の京都

2012.11.26 Monday
中学時代の友達5人組で紅葉真っ盛りの京都へ「大人の修学旅行!!」
住む場所も家庭の事情も様々。皆で集まるのは難しく思えたけど、5月から計画し始め、やっと実現できました。さぁ、楽しい旅の始まり〜

京都駅までは、それぞれJRだったり高速バスだったり。こんな感じでも無事集合できるのは携帯電話のなせる技かもしれない。

1日目は嵯峨野方面
京都駅からJRで嵯峨嵐山駅へ。
徒歩で最初の目的地「祇王寺」に向う途中、「お食事処 あだし野」で早めの昼食。
トップシーズンの観光地で比較的スムーズに食事出来たのはラッキー!
お店を出る頃には、どこの飲食店もお客さんの行列が…。やっぱ早めの行動が吉だね。

お腹が満たされたところで
「平家物語」悲恋の尼寺「祇王寺」へ

平清盛の寵愛を受けた白拍子・祇王と、その妹・祇女、母・刀自、そして不本意ながら結果的に清盛の寵愛を奪ってしまった白拍子・仏御前の4人が出家し余生を過したとされる所。人間関係、複雑過ぎやしませんか?
実際には明治に再建された所ですが、しっとり趣があります。
赤というより黄色。苔の上に落ちた葉も美しい。

今回は行きませんでしたが、この奥に、やはり「平家物語」ゆかりの「滝口寺」があります。そちらに向う観光客の姿は殆ど見かけませんでした。穴場かも…

お次は、「二尊院」
今秋JR東海「そうだ 京都、行こう」のキャンペーン寺院。山門の外には長い行列ができていたので無理はせず、外から「紅葉の馬場」をチラ見してスルー

続いて小倉山の中腹にある「常寂光寺」
藤原定家の山荘「時雨亭」があったとされる所

山門を抜け、茅葺きの仁王門をくぐって石段を上りつつ振り返ると あら、奇麗。

しかし、ここでコケようものなら他人様を巻き込んで大惨事だ!慎重に慎重に



トロッコ嵐山駅の脇を抜け「竹林の路」から「野宮神社」へ

空気が澄んでいるのは、気のせい?
路は人や人力車でごった返していても、上に目を向けると心が落ち着く。深呼吸〜

縁結びで知られる「野宮神社」。小さい神社で、黒木の鳥居の外まで参拝客が溢れ出ています。カップル多めな気がする
人混みを抜け、じゅうたん苔でパチリ

館長的には、今回のメイン。
いまさら縁結? いえいえ、ここらへんの雰囲気を味わいたかったのよ。
能「野宮」の題材にもなっている「源氏物語」の賢木の巻に登場する場所です
館長の好みは空蝉みたいな女性ですが、
六条御息所って、物語的にインパクト大!嫉妬や罪の意識に苛まれるプライド高き女の苦悩とでも言いましょうか、嫌いじゃないですよ。

途中、お団子やお漬物の試食で小腹を満たし
最後に向ったのは嵐山の象徴「渡月橋」
やっぱり絵になる〜 うー逆光〜

橋の上は、人も車も大渋滞。

川岸はさほど混雑もなく、紅葉を愛でながらお手製のお弁当を広げている人も。あ〜それ、館長も真似っこしたい!!

どうも、紅葉より団子になってしまう…
嵯峨名物 中村屋の特性コロッケを食べながら、嵯峨嵐山駅にもどり京都駅へ

一度は行ってみたいと思いつつ、なんとなく避けていた秋の京都
混雑を前提で予定を立てれば、それほどストレスなく満喫できるんだ。ちょっとイメージが変わった

夕飯は、お楽しみの女子会コースで豆腐料理を堪能。そう言えば、今日は肉食べてないね
お宿は修学旅行感重視で、5人1室の和室。部屋に戻り思い出話や近況報告に花を咲かせ、夜は更けてゆくのでした
            

やっと会えたね

2012.09.19 Wednesday
愛しの彼女に会うために、4月にリニューアルオープンした東京都美術館に行ってきました。
彼女とは、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」!

この絵を所蔵する、オランダのマウリッツハイス美術館が2014年までの予定で、改修・増築工事により休館するのに伴って来日です。

最終日間際だから混雑は覚悟していましたが、開館前に並んだ&予定より早くopenしたこともあって、思ったよりゆっくり見ることが出来ました。
オランダまで行かないと、会うチャンスはないと思っていただけに超うれしい〜


ついでと言っては盛りだくさんなんだけど
この時期にあえて「東京タワー」結構混んでた〜
徳川将軍家墓所の特別公開をしていた「増上寺」で秀忠と江の墓参りをし
一度見てみたかった劇団四季のミュージカル「オペラ座の怪人」に感激

楽しんできました。

まだ暑いけど、ちょっと早めに芸術の秋!
            


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM