大人の修学旅行 その一 @紅葉の京都

2012.11.26 Monday
中学時代の友達5人組で紅葉真っ盛りの京都へ「大人の修学旅行!!」
住む場所も家庭の事情も様々。皆で集まるのは難しく思えたけど、5月から計画し始め、やっと実現できました。さぁ、楽しい旅の始まり〜

京都駅までは、それぞれJRだったり高速バスだったり。こんな感じでも無事集合できるのは携帯電話のなせる技かもしれない。

1日目は嵯峨野方面
京都駅からJRで嵯峨嵐山駅へ。
徒歩で最初の目的地「祇王寺」に向う途中、「お食事処 あだし野」で早めの昼食。
トップシーズンの観光地で比較的スムーズに食事出来たのはラッキー!
お店を出る頃には、どこの飲食店もお客さんの行列が…。やっぱ早めの行動が吉だね。

お腹が満たされたところで
「平家物語」悲恋の尼寺「祇王寺」へ

平清盛の寵愛を受けた白拍子・祇王と、その妹・祇女、母・刀自、そして不本意ながら結果的に清盛の寵愛を奪ってしまった白拍子・仏御前の4人が出家し余生を過したとされる所。人間関係、複雑過ぎやしませんか?
実際には明治に再建された所ですが、しっとり趣があります。
赤というより黄色。苔の上に落ちた葉も美しい。

今回は行きませんでしたが、この奥に、やはり「平家物語」ゆかりの「滝口寺」があります。そちらに向う観光客の姿は殆ど見かけませんでした。穴場かも…

お次は、「二尊院」
今秋JR東海「そうだ 京都、行こう」のキャンペーン寺院。山門の外には長い行列ができていたので無理はせず、外から「紅葉の馬場」をチラ見してスルー

続いて小倉山の中腹にある「常寂光寺」
藤原定家の山荘「時雨亭」があったとされる所

山門を抜け、茅葺きの仁王門をくぐって石段を上りつつ振り返ると あら、奇麗。

しかし、ここでコケようものなら他人様を巻き込んで大惨事だ!慎重に慎重に



トロッコ嵐山駅の脇を抜け「竹林の路」から「野宮神社」へ

空気が澄んでいるのは、気のせい?
路は人や人力車でごった返していても、上に目を向けると心が落ち着く。深呼吸〜

縁結びで知られる「野宮神社」。小さい神社で、黒木の鳥居の外まで参拝客が溢れ出ています。カップル多めな気がする
人混みを抜け、じゅうたん苔でパチリ

館長的には、今回のメイン。
いまさら縁結? いえいえ、ここらへんの雰囲気を味わいたかったのよ。
能「野宮」の題材にもなっている「源氏物語」の賢木の巻に登場する場所です
館長の好みは空蝉みたいな女性ですが、
六条御息所って、物語的にインパクト大!嫉妬や罪の意識に苛まれるプライド高き女の苦悩とでも言いましょうか、嫌いじゃないですよ。

途中、お団子やお漬物の試食で小腹を満たし
最後に向ったのは嵐山の象徴「渡月橋」
やっぱり絵になる〜 うー逆光〜

橋の上は、人も車も大渋滞。

川岸はさほど混雑もなく、紅葉を愛でながらお手製のお弁当を広げている人も。あ〜それ、館長も真似っこしたい!!

どうも、紅葉より団子になってしまう…
嵯峨名物 中村屋の特性コロッケを食べながら、嵯峨嵐山駅にもどり京都駅へ

一度は行ってみたいと思いつつ、なんとなく避けていた秋の京都
混雑を前提で予定を立てれば、それほどストレスなく満喫できるんだ。ちょっとイメージが変わった

夕飯は、お楽しみの女子会コースで豆腐料理を堪能。そう言えば、今日は肉食べてないね
お宿は修学旅行感重視で、5人1室の和室。部屋に戻り思い出話や近況報告に花を咲かせ、夜は更けてゆくのでした
            

関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM