一生に一度は

2014.10.14 Tuesday
連休中、初お伊勢参りに行ってきました。

天照大御神を祀る内宮と、豊受大御神を祀る外宮の二つの正宮は、昨年に遷宮を終えたばかり。
外宮→内宮の順に参拝する習わしだとか。

外宮参拝前に腹ごしらえ
伊勢うどん
ふわっともっちりした麺に濃厚なタレを絡めて頂きます。
腰がないってうどんてのも案外美味しい
食べたいものがたくさんあるので、消化が良いものはウエルカム!

2012年にオープンした「せんぐう館」に立寄った後、正宮にお参りさせていただきました。
境内にある、多加宮、土宮、風宮の3つの別宮は、時間と体力の都合によりスルー


今回は、近鉄の「伊勢神宮参拝きっぷ」を利用しています。
赤福引換券が付いていたので、赤福 外宮前特設店にて小休止。
あ〜相変わらず美味しい

外宮から内宮へはバスで移動。臨時で直行便が増発され、拍子抜けするほどスピーディーに移動できました。

宇治橋の大鳥居は、外宮と内宮の正宮の棟持柱だった御用材を再利用し、遷宮の翌年に新調されます。
先日くぐり初めが行われたばかりの真新しい鳥居をくぐり境内へ
内宮はとても広く、正宮まで結構な距離があります。

正面にあたる外玉垣南御門前は大混雑。
御正殿の屋根が見える位置までずれてお参りさせていただきました。
この際、位置はどうでもいいかと…

正宮に続いて、別宮でも順次遷宮が行われます。
風日祈宮は12月に遷宮が行われるため、本殿のとなりに新しい本殿が建設中でした。


こちらは天照大御神の荒魂を祀った「荒祭宮」。
なぜだか、更地になった古殿地の心御柱覆屋に心を奪われてしまいます。

たくさん歩いて小腹が空いたところで、おはらい町で食べ歩き
美味しそうなものがたくさんあって目移りしちゃう。
赤福本店で冬期限定赤福ぜんざいを食べたかったのですが、本店ではまだ提供されていないとのこと。
それ以外で食べたかった、松阪牛の牛串、若松屋のひりょうずが制覇できて満足です。

思いのほかスムーズに事が運び時間が余ってしまったので、徒歩でぶらぶらしながら
猿田彦神社に立寄り、1日目の最終目的地 月讀宮へ
参拝者も少なく、しっとりとしていて良い雰囲気

こちらには内宮の別宮が4つ鎮座しています。

天照大御神の弟神”月讀尊”を祀った 月讀宮
月讀尊の荒魂を祀った 月讀荒御魂宮
天照大御神のお父さんを祀った 伊佐奈岐宮
伊弉諾尊の奥さんを祀った 伊佐奈弥宮

遷宮直後のため、搬出作業真っ最中で〜す。
月讀尊は女性だと思ってた。
「古事記」には、これと言って逸話もなく性別に言及しているところはないんです。
夜を治める月の神様。個人的に、月や夜って女性的な感じがするんだよなぁ

最寄りの五十鈴川駅に向かう途中にマンホールの蓋を発見
伊勢参りですね〜。
昔の人は健脚。現代人は一日歩き回っただけで足がパンパン。
わりと鍛えている方だと思たが…


二日目は鳥羽水族館
台風が近づいているので、予定を変更して水族館のみ。
それでも、ショーもたくさんやっているし、飼育種類数日本一だけあって見応えがあります。
3時間の予定でしたが足りなかったです。体力的には限界!ちょうど良い頃合いかと

近くにある赤福鳥羽支店にて
やっとありつけた赤福ぜんざい
今シーズンの販売を始めたばかり
お昼前なのでお抹茶付きの小にしておきます。
こんがりと焼きめの付いたお餅
あ〜落ち着く味

旅のしめは、鳥羽駅前の通称「さざえストリート」にて
牡蠣、大アサリ、さざえ、日の出貝
注文するとその場で焼いてもらえます。

どれもこれも旨い!


台風の影響で今回の旅行は取りやめか?と思っていたけど
影響もさほどうけず、無事帰ってくることができて良かった〜
            

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM