はやり物に乗っかって

2016.03.30 Wednesday
我が家は只今「真田丸」ブーム。それにのっかって
しなの鉄道の観光列車に乗車してきました。軽井沢→長野の「ろくもん1号」食事付プラン。

「ななつ星in九州」を手がけた水戸岡鋭治さんデザインのろくもん
普通車両を改造した三両編成。外装は重厚感漂う真田の赤備えカラー。そこここにゴールドに輝く真田の家紋「六文銭」「結び雁金」「洲浜」
内装は車両ごとに異なり、県産材が使われた和モダンテイスト。
1号車 ファミリーカー 食事なしの指定席
2号車 レストランカー カウンター席とソファー席
3号車 レストランカー コンパーメントタイプの向かい合わせ2人席
館長が乗車したのは3号車。障子で仕切られた個室。それぞれに異なるファブリック。木製のブラインド。豪華で落ち着いた雰囲気。

結び雁金ってよく見ると可愛らしい顔してるのね

さて、お楽しみのお食事モグモグ。1号は、洋食。地産地消のお料理です。

まずは、ドリンクを、ビール、日本酒、シードル、ワイン、ソフトドリンクの中から一種類選びます。
ビールは2本セットでした。館長は下戸ですが、この日は大切な記念日。せっかくなのでアルコールを頂きましょう。ラッキー
オラホビールのアンバーエール赤備えラベルはお持ち帰りしました。

アミューズ きのこのポタージュ
パン 県内産小麦使用。沢屋のジャム付
オードブル 地鶏「真田丸」のクリームソースとトマト煮の盛り合わせ
      信州サーモンのくん製サラダ仕立て
      蓼科産ソーセージとハムの盛り合わせ      
ごはん 五郎兵衞米とむらさき米 

と、ここまでが軽井沢の沢屋「こどう」のお料理


続いて、
メイン シナノユキマスのチーズ焼き
    信州牛のビーフシチュー
    冬野菜のポトル
デザート フォンテンヌブロー(ガーゼに包まれたレアチーズケーキ )

は東御の「アトリエ・ド・フォロマージュ」
メインは二人分を合わせると、六文銭になるように盛り付けられていました。

そしてミカドコーヒー。
結び雁金がプリントされたオリジナルカップ

しなの鉄道唯一のトンネル、葛尾トンネルでは、あえて徐行運転し夜の雰囲気を味わえる演出があったり
途中の停車駅では、地元の方のおもてなしがあったりワクワクがたくさん!
ちなみに、長野発の2号は、小布施町の「鈴花」が提供する和食だそうです。ぜひこちらも味わってみたいものです。
            

コメント
「ろくもん1号」食事付プラン、体験したい〜!!
障子ってホントなの???
イカシテるね(^_-)-☆
  • すぅ
  • 2016/06/17 11:00 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM