勉強会2 その1

2007.09.16 Sunday
自分たちのグループに限らず同じ講座で勉強してきた仲間にも声をかけてみました。基本ゆるゆるですが、中身の濃い勉強会になりました。楽しい

勉強方法や協会の新倫理綱領の情報交換をしたり、仲間に講師をお願いして交流分析(TA)の勉強とスーパーバイザーを向かえカウンセリング状況や”うつ”についての話を伺いました。

TAって知っていますか?聞いたことが無くても「エゴグラム」といえば、やった方も多いと思います。
質問に答えた結果から折れ線グラフを作り、自我状態を親・大人・子供(正確には5つ)という視点から分析する方法で、これは、あくまでもTAの一部。本来は、3つの欲求と4つの分析の理論で成り立っています。

館長は、この中のストローク理論が好きです。ストロークは存在を認める刺激「私はあなたがそこにいるのを知っています、気付いてますよ〜」って感じです。いろんな種類のストロークがありますが、それは置いておくとして、人はプラスのストロークを得られないと、マイナスのストロークを得ようとします。無視や無関心よりはマシと思うようです。
親から褒めてもらいたいのにそれが叶わないと、怒られるようなことをして関心を引こうとするのって子供の頃よくやってませんでした?あれです

何かの本で読んだところ、ストロークは、
人にたくさん与えれば、自分にもたくさん返ってくる
貯金しておける
不足したら自分自身で与えることができる そうです。
↑いいんです、自分自身で与えちゃっても。
てれちゃうこっぱずかしい気もしますが、心の栄養ですから。不足してると思ったら試してみてください。

おっと勉強会ネタから外れました。次回へつづくってことで
            

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM