アプトの道

2012.05.29 Tuesday
碓氷峠にある遊歩道「アプトの道」へハイキングに行ってきました。

先ずは、横川駅をスタート→旧丸山変電所→峠の湯へ
新幹線開業に伴い廃止された横川-軽井沢間(新線 平成9年廃線)の上り線が一部舗装されてます。正直、単調だし、直射日光と照り返しキツイし、猿が出てくるし… 峠の湯スタートでも良かったかな?って感じ

下り線は、トロッコ列車「シェルパ君」が峠の湯まで走ります。
現在、シェルパ君故障中につき代替え車両運行。旧丸山変電所止まりだそうです。さすが、鉄道の難所とされた場所だけある


峠の湯でトイレ休憩して→碓氷湖→めがね橋へ(アプト式旧線 明治26年〜昭和38年
雰囲気一変して、木陰もあるし、道も土で歩きやすいし、景色もいい。
途中、トンネルが幾つかあり、薄暗いけど一応照明もついてます。中はひんやり。
そうそう、ここら辺って心霊スポットらしいね


某女優さんが出演していたCMでおなじみの「めがね橋」
今年の4月、この先「旧熊ノ平駅」まで遊歩道が延長され、全長6kmになったそうです。
が、スタートここまで4.7km。帰りの体力を考慮しここでUターン

みっちり歩いて汗もかいたし、お腹もすいた
横川に戻って、さぁ!飯だ飯だ おぎのやの「峠の釜飯」だ

以前、旅行とか、出張の時とかによく買いました。
横川駅が近づいてくると、釜飯+お茶代を握りしめデッキで待機
ホームにつくやいなや売り子さんの所に駆け寄り人様を押しのけて買い求めたもんです。

碓氷峠は「信○の国」にも歌われるほどの急勾配。
登るにも下るのにも補助機関車のアシストが必要で、この連結や切り離しを横川駅と軽井沢駅でしていたのですが、この停車時間(確か4分位)が勝負。
電車が発車する際、売り子さん達がお辞儀をして見送ってくれたっけ。
懐かしい思い出の味

そんな訳で、どんな訳で
先日、旦那様がお土産で買って来てくれた釜飯
空き容器を捨てるのがもったいなので、
釜ごと湯煎してプリン作っちゃいました。
滑らかに仕上がり、大満足!!

はい、今月釜飯を2回も食べたってことです。ふふふ

話の種に買った「釜飯まんじゅう」
中身はあんこですよ〜
生地とあんこの甘さが絶妙なバランス。
思っていた以上に美味しかった!


            

御祝いイベント

2012.03.14 Wednesday
旦那様の誕生日&結婚記念日がやってまいりました。
昨年は、震災の最中だったのでどんな風にお祝いしたのか記憶に無いな
なんかしたっけか…
今年は、念願の『群馬サファリパーク』に行くことにしました。

先ずは腹ごしらえ 群馬と言ば『こんにゃく』 ヨコオデイリーフーズの『こんにゃく博物館』へGO!
いわゆる工場見学です。大好き
しらたき製造ラインと梱包ラインはずーっと見ていても飽きない。超ハイテクマシーンすごい楽しい

お目当てのこんにゃくバイキングは、約20種類のこんにゃく料理がずらりと並び、食べ放題 しかも無料。煮物にサラダに刺身に田楽、ラーメンもある あ〜旨い!!
こんにゃくに無限の可能性を感じつつ、レシピを貰い、大量にこんにゃくを購入して来ました。


お腹がずっしり重くなったところで『群馬サファリパーク』へ
自家用車で入園しました。ただでさえハラハラドキドキなのに、万が一のことがあっても車の保障はない。別の意味スリル満点な状況に、逆にテンションあがるー

ウォーキングサファリゾーンでは、車から降りて草食動物に餌をあげたり、ふれあったりすることが出来ます。
ネコ科の猛獣もたくさんいて、macユーザーとしては盛り上がらない訳には行きません。
オオカミ繁殖センター「オオカミの森」は、間近でオオカミが見れて、タイミング良く遠吠えまでしてくれた。なんとも威厳があってかっこいい。
ここだけでも随分見応えがあり!
天気が悪かったせいか混雑もなかったし、予想以上に楽しめました。

最後は、温泉記号の発祥の地『磯部温泉』
帰りの体力を考慮し”足湯”のみでしたが、あ"〜〜〜極楽極楽です。
磯部温泉と言えば、館長にとっては食べ始めたら止まらない系「磯部煎餅」
お菓子のゆもと』の ”いそべ満月白うさぎ” ってお菓子が美味しいらしいので、こちらで磯部煎餅と伴に購入。
もちもち、ふわふわな食感がたまりませんうまー

お腹も心も体も満たされた御祝いイベントとなりました。
            

広島に行ってきたよ〜 番外編

2011.10.20 Thursday
館長は、旅は事前に綿密な計画を立てる派。
旦那様は、旅は行き当たりばったり派。
なので、間を取ってできるだけ余裕を持ちつつ、綿密なスケジュールを組んでみました。
この時点で旅の8割が終わってるってくらい、行く前から相当楽しんでます。

さて今回は、自家用で買ってきたお土産を紹介します。
その1 蒲刈物産株式会社の「海人の藻塩」(あまびとのもしお
10年くらい愛用している我家の定番アイテム。
広島へ出張した時に先方様から総重量1キロはあろうかと思われるお土器入りのギフトセットをいただきました。重い思いをして持って帰って来ただけある。旨味があって角が無く、まろやかな塩です。
そろそろ終わっちゃうなって頃に友達から「この塩美味しいから」ってプレゼントしてもらい、それ以来お取り寄せしながら使い続けています。

そごう広島店に蒲刈物産がお出店しているので、そちらで購入。
塩ようかんや、もみじ饅頭の「やまだ屋」とコラボした藻塩もみじなんかもありました。

その2 やまだ屋の「桐葉菓」(とうようか)
事前に、もみじ饅頭は何処で買おうかとチェックしていたところ、桐葉菓の評判が良さそうだったので宮島本店で買ってみました。 もちもちとして上品な甘さ。うっ旨い。
店内には無料のお茶サービスがあって、食べることが出来るようになっています。
そこで「DISCOVER WEST BOOK 宮島・広島・呉編」の特典を使って、桐葉菓を貰いその場で食べました。
この小冊子、今回の旅で大活躍です。
旅行代理店から引換券を貰ってたので、とりあえず貰っとく?くらいの感覚でした。

いざ中を見てみると、観光スポット、グルメ、お土産情報の他に割引やプレゼントなどの特典が付いてるじゃないですか!
もともと行く予定のところが結構載っていたので、ガンガン活用しましたよ〜

さあ、次はどこへ旅に出かけようか…
            

広島に行ってきたよ〜 宮島編

2011.10.19 Wednesday
原爆ドームと共に世界遺産に登録された「厳島神社」は外せないってことで
宮島に行ってきました。

広島市内からだとJR+フェリー、広島港からの瀬戸内シーライン、平和記念公園からの世界遺産航路などの幾つかのルートがあります。

せっかくだから、時間はかかってもローカル色が濃い路面電車+フェリーで行くことにしました。
広電2号線は、大きな通りを走っていたかと思えば、風情のある狭い住宅街に入り、軌道(路面)を走っていたはずがいつのまにか鉄道線に入り宮島口まで直通運行されています。物珍しくて、キョロキョロしまくり。生活に密着しているんだなぁ

広電宮島口駅に到着したら、フェリー乗り場へ!
JR連絡船と松大汽船が運行しています。どっちでもいいけど、JRは往路のみ厳島神社の大鳥居に接近するコースなので、行きはJRで

人酔いしそうなくらい観光客がたくさんいる表参道を避け、昔のメインストリート「町家通り」へ、途中から更に古い参道「山辺の古径」へ遠回り。
出会うのは鹿とスケッチをしている人くらい。眺めもいいし、静かで穏やかでホッとするよ〜

実は遠回りしたのには他にも理由があります。
紅葉堂の「揚げもみじ」を美味しく頂くためのエクササイズ!です。
簡単に言ってしまえば、もみじまんじゅうの天ぷら
あんこ、クリーム、チーズの3種類があり、1個150円。

あんこの揚げもみじを買って、店内でお茶を頂きながら一休み
熱々でうま〜です。
糖分でパワーを補給したところで
次は…
豊国神社 別名 千畳閣 昇殿料100円
豊臣秀吉が戦で亡くなった者への供養として建立を命じた大経堂で、明治の神仏分離令により秀吉公を祀る神社となったところ。
隣には、朱塗りの美しい五重塔が建っています。


厳島神社 昇殿初穂料300円
9月には、異常潮位により回廊などが浸水したそうです。

なぜか、厳島神社と言うと大鳥居の写真ばかりになってしまう
まあ、一番わかりやすいもんね。


神社を出て、大願寺から多宝塔、そして「あせび歩道」を通って大聖院に…
自然を楽しめるこのルートも、静かだし眺めもgood!

大聖院は宮島にある寺院の中で最も古いお寺
2006年に、宮島・弥山の開創1200年を記念してダライ・ラマ14世による弥勒菩薩の開眼法要が営まれたそうです。

帰りはしっとりした雰囲気の「滝小路」を通って厳島神社方面へ向います。
この小路は、かつて神職の居住地になっていたところだそうです。
さて、なるべく近寄らないようにしてきた表参道商店街へGO!
う〜すごい人混みだ

おめあての「焼きがきのはやし」でお昼ご飯を頂きます。
やっぱり、入店待ちの方がたくさん並んでますね〜
楽しかった広島旅行も終に近づき、残り時間もわずか
でも、ここであきらめる訳にはいかない。さて、間に合うのか!
焼き牡蠣のお店はたくさんあったのですが、どうしてもフレッシュが食べたいんですよ。
こちらのお店は、一年中、生で食べられるオリジナルの牡蠣だとか。生と焼 両方頂きました。あ〜至福の時

なんとか、時間も挽回しつつフェリーで宮島口に戻って来ました。
最後のミッションは、あなごめしの「うえの」で夕飯用に「あなごめし弁当」を買う!
駅弁として販売されたのが始まりで、今はお弁当販売と店内で食事ができるようになっています。
お弁当は待ち時間5分くらいで買えましたが、お昼時を過ぎているのに入店待ちの方がたくさんいます。
待ちきれなかったのか、お弁当を買って外で食べている方もちらほら。人気のお店ですね。
お弁当は、少し冷めた方が味が馴染んでおいしくなるとのこと。確かに、確かに 旨い!
やっぱり、穴子って美味しいねってことで旅を締めくくってみました。

番外編につづく
            

広島に行ってきたよ〜 呉編

2011.10.18 Tuesday
大和ミュージアムに行きたい!という旦那様のリクエストに応え、呉に行ってきました。

ちょっと その前に…

国内で唯一、潜水艦を間近で見ることができる公園「アレイからすこじま」から
海上自衛隊の潜水艦等を眺めつつ
旧魚雷揚げ下ろしクレーンも見つつ

向った先は海上自衛隊呉基地(Fバース)
館長的には本日のメインイベント 艦艇一般公開!です
一般人にとっては、非日常ですね〜
広いですね〜
自転車かセグウェイが欲しくなりますね〜

退役したらしき潜水艦や
輸送艦くにさきや
練習船
などに目を奪われつつ、かもめの糞にも気を付けつつ

乗り込んだのは、今回公開される「補給艦とわだ」
洋上で長期間活動する艦船に燃料、食料、水などを補給するのがお仕事。インド洋給油活動に7回参加しているのだとか
東日本大震災の災害派遣活動のパネルも展示されていました。

艦内のトイレを拝借したのですが、とっても独特
用を足した後、バルブを開いて水(海水)を流してからバルブを閉める。個室の扉は壁に鍵フックで固定してから出る。
利に適ったお作法なのでございましょう。貴重な経験をさせていただきました。

手術室や歯科治療ができる設備もありました。
艦船や装置のような機械的なところより、人が関わる部分に興味を引かれます。

艦橋からの眺めはこんな感じ〜
給油ホース等がごちゃっとしてて、素人目には何が何だかよくわかりません。

航行するのには、随分と視界が遮られているようにも思えます。

つづいては、2010年8月にopenしたヤマトギャラリー零
NPO法人くれ街復活ビジョンが運営する松本零士さんのギャラリーです。
商店街の空き店舗を利用しているのかな?
入館料は大人300円。ホットコーヒー、ラムネ、記念のしおりの中から好きな物を一ついただけます。
ちなみにコーヒーは、
松本零士さん公認の「Blend零」として昴珈琲で999円(スリーナイン)にて販売されているのだとか
大和ミュージアムの姉妹館で、こちらの入館のレシートをミュージアムで提示すれば、入館料の割引が受けられるそうです。


いよいよ旦那様のメインイベント
大和ミュージアム(正式:呉市海事歴史科学館)。
館長は、以前訪れたことがあるので、一通り見て
兵隊さんを探せ!的なことをしたり、


調子ずいて、お昼に「海軍さんの麦酒館」で飲んだのがいけなかったか、一人ベンチでウトウト…………
ん〜〜なかなか、旦那様が戻って来ません。「一日いても飽きない」そうですよ

ミュージアムの外には原寸大の「大和」をイメージしたデッキ「大和波止場」があります。
艦橋から艦首までの左舷甲板を模して作られたた公園で、タイルで主砲、副砲が描かれているので実際のサイズがイメージしやすいです。艦橋の部分は東屋になっています。
物凄くざっくり言うと1/4の部分の原寸大ってところでしょうか

最後は、「てつのくじら館
大和ミュージアムのすぐお隣
2007年4月openの海上自衛隊呉史料館。入場無料
海上自衛隊の歴史や潜水艦、掃海に関する展示があります。
退役した実物の潜水艦「あきしお」が どどーんとお迎え。
潜水艦の内に入ることができます。

掃海って耳にしたことはあったけど、実は何をするのか知らなかったんです。機雷(水中兵器)を除去するのが任務。危険だけど海の安全にはなくてはならないお仕事ですよね。あまりにも無知だったなと反省しつつ。

あきしおの中に潜入です。
実際に潜望鏡を覗かせていただきました。夕日に輝く海や船が…
潜水艦の中とのギャップがありすぎて、一瞬ダミーかと思ってしまいました。どっちも現実でした。
なんか、複雑だぞー
通路には、魚雷を積み込むためのハッチがあったり
居住区には、入るのも大変そうな恐ろしく狭い3段ベットがあったり
構造上仕方ないとはいえ、閉所恐怖症の人にはたまらない圧迫感たっぷりの造りとなっています。


しまった!!グルメ旅気分の写真ほとんどありません。
結構な距離を歩いたうえに、麦酒を頂いたせいもあってヘロヘロ状態。写真撮り忘れちゃいましたが、牡蠣、穴子、タコ、小いわしなど名産をしっかり頂きました。

穴子って美味しいんだ!!
牡蠣=美味しいってことは、経験上知ってます。
でも、穴子って殆ど食べない。寿司ネタくらいで、それもあえて好んで食べることはなかったなぁ。
穴子=美味しいのか、広島の穴子だったから美味しかったのか、今後検証してみようと思うほど旨味に魅了されてしまいました。

宮島編につづく
            

広島に行ってきたよ〜 広島市内編

2011.10.17 Monday
久しぶりの旅行です!
広島は4回目ですが、旦那様は足を踏み入れたことがないということで
館長的には添乗員&グルメ旅気分、旦那様的には修学旅行気分で出かけて来ました。

広島駅到着早々、駅ビルにある「かき名庵」でかきフライバーガー&海老カツバーガーセットで腹ごしらえ
写真には写ってませんが、ここに付いているオイスターチャウダーがとっても美味しい


原爆ドームや平和記念公園、平和記念資料館などの定番を抑えつつ
今回初めて訪れたのが「袋町小学校平和資料館」(被爆建物)
爆心地から460mにある小学校。
校舎は鉄筋コンクリート造の西校舎の外郭のみ残し、焼失。疎開をしていなかった低学年の生徒や職員のほとんどが一瞬にして亡くなってしまったそうです。
被爆直後から救護所として使われていた西校舎の一部が保存され資料館として無料で公開されています。
真っ黒に煤けたコンクリートの壁にチョークで安否や消息を尋ねる「伝言」が今も残っています。
当時の人々の思いを想像せずにはいられません。

今回のグルメ旅で、真夏に奪われた贅肉と体力を回復させるべく
かき入りお好み焼きでしょ〜
かきソテーでしょ〜
かなり歩き回ったので、カロリー的にはチャラかな?

呉編につづく
            

お出かけ@諏訪

2010.08.28 Saturday
暑い室内にこもっているより、出かけた方がマシか?
ってことで信州 諏訪へお出かけです。

まずは、諏訪大社下社秋宮へ 改修工事中のため、ちょっとがっかりしつつ

自分へのお土産に、好物の新鶴の塩羊羹を買って

オルゴール博物館 奏鳴館
展示だけでなく、実際に演奏を聞くこともできます。
アイデアオルゴールの試作品コーナーにあった、音を身体で体感できるオルゴールに感動しまくりです。
ディスクオルゴールの共鳴箱?の中が椅子になっていて、そこに座って聞く仕組み。全身に音楽が振動となって伝わってくる感じに癒される〜

つづいては、諏訪大社下社春宮へ 秋宮と違って観光客も少なめで静かな雰囲気。

春宮の脇を流れる砥川を渡ると 万治の石仏 があります。
森を流れる川はとっても涼やか〜

参拝方法は「よろず治まりますように」と念じ、石仏の周りを時計回りに三周し「よろず治まりました」と唱えるって看板に書いてある。
よろず館館長としては、回らないで帰る訳には行きません。
なんでもやってみるもんですね。正面からでは気づかなかった両脇にある小さな田んぼ。ちゃんと稲が植わっているじゃないですか大切にしている感が溢れていて、穏やかな気持ちになりました。

諏訪湖と言えばワカサギのイメージだったんですが、なぜか鰻屋が多い。
ウナギが捕れるって聞いたことがないんだけど、昔はとれたのか?

鰻に限らず普段は 梅 とか 並 しか注文できない貧乏性
今日は奮発して うなぎ小林(下諏訪)得々重を頂くことに

本当なら大っきなのが2枚ドーンと乗っているらしいんだけど、時間が遅かったため、終わったしまったとのこと。
形が違えども、外はパリっ!中はふわふわ!
最後まで飽きることなく頂きました。うまかったぁ


そしてもう一つ、諏訪湖と言えば花火
花火大会ともなると、ホテルは取れないし、道が大渋滞するしの大騒ぎ。なかなかいくチャンスがありません。
それでも混雑なく見れるチャンスがあるんです。
今年は、8月1日から9月3日まで毎日15分間 800発の花火が打ち上げられます。得した気分!!

神社仏閣めぐりがしっくりくるお年頃でございます。
            

第4回軽井沢スイーツ博2009

2009.08.09 Sunday
毎年、恒例行事となりつつあるスイーツ博覧会2009

今年は、オトナの夜って感じの会場

シャンパンタワーがお出迎え。ノンアルコールカクテルも多数用意されていて、気分が盛り上がります。

会場には、特設キッチンが用意されていて、目の前でスイーツを仕上げていく様子を眺めながら、スイーツを堪能してまいりました。

地元の果物や、チーズを使って美味しく仕上げられた全8皿のスイーツ。満腹モグモグ
会場の照明が落とされて、そこここでシェフ達が一斉に 杏をフランベ!!
美しく幻想的な演出にときめきうっとりです。
味も、見た目も、雰囲気もグッド

スイーツショップの出店数が随分少なくて残念でしたが
アートギャラリーは「不思議の国のアリス」

絵本の中に入り込んだようですラブラブ

Nちゃん。毎年入手困難なチケットの手配 ありがとうニコニコ
            

腹にしみいる

2008.10.28 Tuesday
前回から随分日が経ちましたがびっくり引き続き、東北の旅〜

仙台市内をぐるっと巡り
伊達正宗
仙台城にて「青葉城恋歌」をこっそり歌い
瑞鳳殿
伊達政宗の霊屋「瑞鳳殿」の華麗さに目を奪われ
ずんだ餅
ちょっと小腹を満たすつもりが、ずんだ餅で満腹になりモゴモゴつつ

一路、山形へ
芭蕉が「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」を詠んだ立石寺(山寺)
天台宗の僧・慈覚大師円仁によって開かれた霊場です。
山寺1
登山口から、奥の院までは約1000段の石段を黙々と登る、登る…。
ひざが大爆笑!
紅葉には早すぎましたが、頑張った甲斐があって素晴らしい景色を観ることが出来ました。

山寺2
修行って危険なものなのね
山寺3
さわやかと言うよりも、あの世に近い陰な雰囲気の漂う場所です。

山寺名物の「力こんにゃく」。うっかり、すっかり写真忘れました。
醤油で煮込んだ玉こんにゃく、たっぷり味が染み込んでいます。
欲望に負け、2本も食べてしまった。
まぁヘルシーだからいっかイヒヒ

バタバタと急ぎ足の旅となりました。
館長的には美味しいものをたくさん食べることができて、大満足。
さて、次はどこに行こうかしら
            

隣の客はよく牡蠣食う客だ

2008.10.15 Wednesday
JR東日本の土日きっぷを使って東北へ遊びに行って来ました。
かき小屋
先ずは、日本三景の一つ「松島」にて毎年10〜3月に期間限定でopenする”かき小屋”で牡蠣の食べ放題にトライ
かき小屋
左手に軍手、右手にナイフを握りしめ、殻を開けては食べ、開けては食べ
一生分を一気に食べたような感覚です。
量が減ってくると、スコップで牡蠣を運んできて、鉄板の上にどんどん追加してくれます。
松島
景色もいいけど、やっぱり食欲の秋モグモグ

次に向かったのは
10/10にOpenしたばかりの「ベルギー・オルゲール・ミュージアム
ベルギー王立博物館より譲り受けた歴史ある世界のオルゴールの数々が展示されています。
コンサート・オルガンやストリート・オルガンなどの自動演奏オルガンがメインで実際に演奏を聞くことができます。
古いものだと、音がベロベロになっているものもありますが、迫力と味がある素晴らしい音に聞き惚れてしまいました。ラブラブ
オルゲールミュージアム
TINTINグッズやベルギーチョコレート、ワッフルのショップやベルギービールが楽しめるカフェレストランもあります。

ワッフルの試食で更に重くなったお腹を抱えつつ
伊達政宗の菩提寺「瑞巌寺」(国宝)、五大堂(国重要文化財)、 「円通院」(国重要文化財)など歴史建造物を見学した後、
仙台にて
牛タン定食
まってました!牛タン

あ〜どんだけ食べたら気が済むのか、館長の胃袋

次回へつづく
            


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM